スマートフォンサイトを表示

宇宙航空研究開発機構

航空技術部門の歩み

JAXA航空技術部門の前身である「航空技術研究所(NAL)」は、我が国の航空技術を急速に向上させるために研究機関や大学、企業が必要な試験設備を整備するところから始まりました。
以降JAXAは大型試験設備の供用や最先端のジェットエンジン技術複合材料技術、コンピューターを用いた空力技術数値解析技術などを開発し、実際に航空機や装備品の製造に活かされています。

航空技術部門の歴史

代表的な研究テーマや、施設を中心に、これまでの航空技術部門の歩みについて振り返ってみましょう。
※各項目をクリックすると詳細情報が表示されます。

JR100/200エンジン フライングテストベッド FJR710エンジン STOL実験機「飛鳥」 HYPRプロジェクト NEXST-1 D-SENDプロジェクト DREAMSプロジェクト FQUROH SafeAvio aFJR FEATHER フラッター風洞 2m×2m遷音速風洞完成 実験用航空機「クイーンエア」(ビーチクラフトB65)導入 1m×1m超音速風洞完成 6.5m×5.5m低速風洞完成 0.5m極超音速風洞完成 0.44極超音速衝撃風洞完成 2m×2m低速風洞完成 地上エンジン運転試験設備 0.8m×0.45m高レイノルズ数遷音速風洞完成 高温高圧燃焼試験設備 小型低乱風洞 実験用航空機「MuPAL-α」(ドルニエ式Do-228-202)導入 飛行シミュレータFSCAT-R完成 750kWアーク加熱風洞完成 1.27m極超音速風洞完成 磁力支持風洞完成 飛行シミュレータFSCAT-A完成 110kW誘導プラズマ加熱風洞完成 環状燃焼器試験設備 JAXAスーパーコンピュータシステム(JSS)完成 実験用航空機「飛翔」(セスナ式680型)導入 実験用ヘリコプター(川崎式BK117C-2型)導入 DAHWIN始動
ページTOP