スマートフォンサイトを表示

宇宙航空研究開発機構

海外との連携

トピックス一覧へ

2013年8月30日

IFAR副議長に選任

「第4回IFARサミット」が、8月25日から28日までの4日間、世界22カ国から37名が参加し、モスクワで開催されました。本サミットにてJAXAはロシアの航空研究所TsAGIによる推薦を受け、JAXA航空本部の中橋本部長が満場一致でIFARの副議長に選出されました。昨年JAXAがホストとなり開催した「第3回IFAR名古屋サミット」の成功と、これまでのJAXAによるIFARへの積極的な貢献が高く評価されました。副議長の任期は2年間ですが、その後自動的に議長に繰り上がり、最終的に前議長として後任の議長・副議長をサポートするため、計6年間の任期となります。

IFAR副議長就任にあたって中橋本部長は「今後2年間は議長国のNASAとの密接なパートナーシップに基づき、IFARの可能性を引き出し、航空研究分野のグローバルな連携と多国間の研究協力の実現に向けてリーダーシップを発揮したい」とコメントしています。

※IFAR: 国際航空研究フォーラム

第4回IFARサミット(モスクワ)

ページTOP