スマートフォンサイトを表示

宇宙航空研究開発機構

平成25年度「JAXA航空本部公募型研究」の実施について

JAXA航空本部は、日本の航空分野の研究開発を一層促進するため公募型研究を実施します。

公募の目的

JAXAは、我が国の航空分野の研究開発の中核機関として、 研究コミュニティを拡大して効果的・効率的な研究成果創出を図るとともにイノベーション研究を推進するため、産学連携を一層促進していきます。

その一環として、大学や産業界等に広く知的リソースを求め、JAXA並びに日本の研究開発力の強化とイノベーション研究の振興を目的とした公募型研究を実施します。

対象分野

JAXA航空本部で取り組んでいる研究開発に関する研究テーマが対象となります。

研究期間及び資金規模

研究期間及びJAXAが提供する資金規模は研究テーマごとで異なりますので、個別テーマごとにご確認ください。

募集研究テーマ

平成25年度の公募テーマは「研究開発プログラム」及び「基礎的基盤研究」に分かれています。具体的研究テーマ及び概要は以下から参照してください。

※採択審査はJAXAが行います。なお、十分な内容の提案がなされなかった研究テーマにおいては「採択案件なし」とさせていただく場合があります。
※各年度に成果報告書を作成するとともに、JAXAが別途指定する成果報告会でその成果を発表いただきます。
※事業内容の見直しにより計画内容に変更がある場合があります。

なお、各募集テーマに関するJAXA航空の研究開発概要については以下をご確認ください。

≪研究開発プログラム≫

≪基礎的基盤研究≫

また、JAXA航空本部の研究開発の方針及び概要については以下をご確認ください。

提出書類

研究提案書(Excel形式)に提案課題・研究代表者・研究概要等を記載してください。(A4で4枚以内)

※応募書類は様式をダウンロードの上、記入例を参考にご記入ください。「様式1」と「様式2」の2つがありますので、ご注意ください。
※研究提案内容の理解を助ける目的でパワーポイント形式の補足資料(書式自由:A4で5枚以内)も提出して下さい。
※経費については消費税込の総額を記載し、消費税率は平成25年度は5%、平成26、27年度は8%として積算してください。
※共同研究の場合、研究に要するすべての経費を計上することはできません。応募者側でご負担いただく部分が必要です。この場合の応募者側のご負担額には、応募者側の人件費を含みますが、人件費以外の経費負担があることが望ましいと考えています。
※共同研究契約を含めて、どの契約形態でも人件費も経費として計上することができます(下記事務処理マニュアル参照)。
※学生が補助者ではなく研究担当者として参画し、また、その旨が研究計画書において明確になっている場合は、研究目的に記載された事項に関する当人の業務実施費(旅費等)も計上することができます。
※なお、ご提出いただく書類に記載された個人情報は、本目的以外に使用いたしません。

募集締切

平成25年8月8日(木)必着
※募集を締め切りました。
審査結果はこちらです。

応募条件について

有償の共同研究契約、研究開発契約、委託研究契約を締結する場合は、研究代表者の所属機関が次のいずれかの条件に該当する必要があります。

  1. (1)JAXAと連携包括協定を締結していること。
  2. (2)前年度までに科学研究費補助金を管理した実績があること。
  3. (3)省庁統一参加資格を有していること。
  4. (4)上記(1)~(3)に拠り難い場合は以下の情報に基づき競争資格審査を行います。
    1. (a)所属機関の沿革、組織図、活動実績、所在地、財務諸表類等の情報
    2. (b)法人税、消費税、地方消費税について未納税額がないこと

なお、採択審査及び契約手続き等に使用する言語及び通貨は日本語及び日本国通貨とします。

契約手続き等について

有償共同研究の事務処理について(マニュアル)

委託契約の事務処理について(マニュアル)

研究開発契約の契約条件について

委託契約の契約条件について

応募書類提出先

研究提案書(「様式1」:A4で4枚以内、「様式2」)及びパワーポイント形式の補足資料(書式自由:A4で5枚以内)を電子メールに添付して、募集締切日である平成25年8月8日(木)までにご提出ください。
また、ご不明な点についてはお問い合わせフォームからお問い合わせください。

※なお、応募に当たっては所属機関の担当部署の了解を得た上で行ってください。
応募書類の提出があった時点で所属機関として上記応募条件等を了承していると見なしますのでご注意ください。

ページTOP