スマートフォンサイトを表示

宇宙航空研究開発機構

高温高圧燃焼試験設備

ジェットエンジンやガスタービン等の燃焼器、その要素技術を高温高圧条件で試験し、燃焼性能、排気特性、冷却性能等を評価するための試験設備です。最高圧力が5MPaの高圧A系、B系、1MPaの中圧系、計3系統を備えています。扇型燃焼器の試験では、回転機構を用いて燃焼器出口のガス成分濃度、温度、圧力の分布が計測できます。また、内視鏡による燃焼器出口を通した火炎観察が可能です。

高圧A系

高圧A系

高圧B系

高圧B系

中圧系

中圧系

高圧A系
試験圧力 0.5~5.0MPa
空気温度 600~1,000K
空気流量 1.3kg/s(@1,000K)
燃料 灯油、メタンガス
高圧ケーシングサイズ 内径250mm、長さ800mm
高圧B系
試験圧力 0.5~5.0MPa
空気温度 600~1,000K
空気流量 4.0kg/s(@1,000K)
燃料 灯油、メタンガス
高圧ケーシングサイズ 内径430mm(5.0MPa)、540mm(2.5MPa)
長さ800mm
中圧系
試験圧力 0.1~1.0MPa
空気温度 600~1,273K
空気流量 2.5kg/s(@600K)、0.45kg/s(@1273K)
燃料 灯油、メタンガス、水素ガス
完成年度 1982年度
ページTOP