スマートフォンサイトを表示

宇宙航空研究開発機構

世界の旅客機産業界

JAXAメールマガジン第213号(2014年1月20日発行)
水野洋

謹賀新年!機体システム研究グループの水野洋です。昨年4月のJAXAメールマガジン第195号で「旅客機の開発」の話をしましたが、今回は世界の旅客機産業界の話です。

第二次大戦終結で平和な時代が到来し、軍用輸送機のDC-3などが民間に大量放出されたのを契機に、航空輸送が急速に発達し始めました。同時に多くの企業が旅客機の開発・生産に携わり、日本もYS-11で市場参入を試みた1960年頃には約20社ものメーカがありました。その後の新規参入メーカは少なく、多くが撤退したり吸収合併を繰返して今では前回紹介したように、大型機では欧州エアバスと米ボーイングが、リジョナル機ではカナダのボンバルディア、ブラジルのエンブラエルおよび仏伊共同のATRの5社だけで市場を争っています。
この間の経緯を大まかに辿ると、先ず欧州では、英国にはデハビランド、ヴィッカース、ホーカー、アヴロなど10社近いメーカがあったが、最終的にBAe(ブリティッシュ・エアロスペース)に統合され、フランスでもノール、シュド・アヴィエーション、ブレゲーなどがエアロスパシアルに統合された。エアバスは1970年に、このアエロスパシアルとドイツでMBBやドルニエを吸収したDASA(ダイムラー・クライスラー・エアロスペース)とが共同で、欧州初の広胴機A300を開発するために立ち上げ、それにBAeとスペインのCASAが参加したものです。
さらに2000年になってBAeを除く3社が国際合併でEADS(欧州航空防衛宇宙会社)を形成し、BAeの持分を買収(2006年)して、エアバスはEADSの民間機部門となりました。更に今年初にはEADS自体がエアバス・グループと改名。ATRは1981にエアロスパシアルとイタリアのアエリタリアがリジョナル機開発のために形成したもので、親会社は今ではエアバス・グループとアレニア・アエルマッキーと言うことになります。欧州にはこの他にオランダのフォッカーやスエーデンのサーブもリジョナル機を生産していましたが、今では撤退しています。
米国でもマーティン、コンヴェア、ロッキードなどが旅客機部門から撤退し、1997年にマクダネル・ダグラスを吸収したボーイングだけが残りました。カナダでは車両メーカのボンバルディアが1986~1992年の間にカナデア、英国のショーツ、米国リアジェットおよびデハビランド・カナダを吸収して、旅客機とビジネス機の市場に進出しました。

こうして見てくると、戦後に航空機産業に新規参入して、今なお活躍しているのはブラジルのエンブラエルだけです。そこで同社のホームページから来歴を探ってみました。

日本では1959年に日本航空機製造(株)を設立して60席のターボプロップ機YS-11の開発に着手し、1962年に初飛行、1964年に就航したが10年を経ない1973年には不採算を理由に182機で生産を終了しました。この間に三菱重工業もビジネス・ターボプロップ機MU-2、続いてビジネス・ジェットMU300を手がけたが、苦戦の末1988年に手放してしまった。ここに来て再び70~90席のリジョナル・ジェットMRJの開発を始めたが、これがブラジルにおけるように開発した技術や世界的サービス網などのインフラを幅広い民間機やビジネス機市場、更には軍用機にも適用してコストを下げる、息の長い取組みに発展するには何が必要なのか皆さんも考えて頂きたい。

ページTOP