スマートフォンサイトを表示

宇宙航空研究開発機構

第3回UTMシンポジウム

物流、災害対策、インフラ維持管理、測量、農林水産業などさまざまな分野で無人航空機(ドローン)の利活用が進み、産業、経済、社会に変革をもたらすこと(=空の産業革命)が期待されています。しかし、そのような世界を実現するためには、多数のドローンが操縦者の目視範囲を超えて自在に飛行できるようにならなければなりません。そこで必要とされているのが、ドローン運航管理システム/UTM(UAS Traffic Management)の構築です。
国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(以下「JAXA」)は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」)が進める「ロボット・ドローンが活躍する省エネルギー社会の実現プロジェクト」において運航管理システムの全体設計を担っており、その研究成果の共有および意見交換を目的として、ドローンやその運航管理に関心のある関西地区の方を対象に大阪でシンポジウムを開催します。ぜひ、ご参加くださいますようよろしくお願いします。

開催概要

ドローン運航管理システムシンポジウム大阪(第3回UTMシンポジウム)


2019年8月27日更新
ページTOP