スマートフォンサイトを表示

宇宙航空研究開発機構

高負荷数値シミュレーションの高速化技術

従来のCPU一台分の構造を複数内包するマルチコア/メニーコアCPUの効率的な利用手段(チューニング指針やプログラミングスタイル)を提示することにより、複雑化したCPUにおいても現状の演算器稼働率(10%程度)以上の利用効率を実現する数値シミュレーションを実現します。
差分法等のこれまでJAXAで行われてきた伝統的な数値解析に加えて、化学反応や音響解析等の高負荷演算や、波動ベース法、PIC法(Hybrid、Full)や統計的手法(SC法、NIPC法)、Multi-Fluid法等の数値解析手法の高速化手段を提示することにより、CFD以外の新開発の数値シミュレーションの高速な実行を実現します。

ページTOP