スマートフォンサイトを表示

宇宙航空研究開発機構

極低温燃料供給系技術

最新情報一覧へ

2014年12月22日
液体ロケット燃料の宇宙空間での二相流挙動を、観測ロケットで確認

2014年8月4日23時00分、JAXAは内之浦宇宙空間観測所から観測ロケットS-310-43号機を打ち上げました。今回の観測ロケット実験は、観測ロケットを弾道飛行させることで生まれる低重力環境を利用し、宇宙空間での慣性飛行を模擬した環境での...[続く]

液体水素を燃料とした燃料電池自動車の市販化や水素ステーションの整備など、水素社会の実現に向けた取り組みが加速しています。しかしその実現の鍵となる液化水素計測制御技術については、開発中の国内企業も数多く存在するものの、液体水素を安全に使用するための試験設備やノウハウを有していないため、未だ海外メーカーへの依存度が高く、輸入品に頼っている状況です。
一方、JAXAではこれまで極超音速用ターボジェットエンジンや液体燃料ロケットの研究開発において極低温燃料に関する試験技術、保安管理技術、極低温混相流の計測・制御技術を蓄積してきています。
そこでJAXAは、極低温推進剤試験設備および試験技術を活用し、一般社会へ実装可能な水準の極低温燃料供給系技術を確立することを目指します。

開発した極低温ボイドメーター

ページTOP