スマートフォンサイトを表示

宇宙航空研究開発機構

複数MAV協調運用による複雑任務対応能力

JAXAでは、電動ファンと簡単な制御系統を組み合わせたMAV(Micro Aerial Vehicle)は、気軽に直上を飛行し、空中から地上を撮影できるため、災害現場の迅速な被害調査や化学観測、農業などの産業用途での簡易・安価な空撮、特に災害時の屋内空間探索などで有用な技術であると考えています。
本研究では、屋内でのミッションを想定し、航法補助装置が使用できない、事前情報の無い障害物がある等の条件でも複雑な任務を効率的に実現するアルゴリズムの開発と飛行実証を行います。

レーザースキャナーと慣性センサーを搭載したMAV飛行試験

複数MAV協調運用イメージ

ページTOP