小型無人機利用拡大技術 | 運航システム・安全技術 | JAXA航空技術部門
スマートフォンサイトを表示

宇宙航空研究開発機構

小型無人機利用拡大技術

JAXAではこれまで災害時等に活躍できる小型無人機の研究開発を行ってきましたが、利用拡大のためには、より安全性・信頼性を向上させることが重要です。
そのため、特に万が一の衝突時についても安全性を持たせられる可能性が高い軽量/低速の小型無人機について、衝突安全性の評価を引き続き行い、将来の小型無人機の利用拡大につながる技術としていきます。

災害監視無人機における衝突安全技術の研究

災害監視無人機(2012(平成24)年度開発終了)は被災地上空の飛行を想定しているので、機器の故障などが発生しても地上に対して人的被害を出すことは許されません。
可能な限り高い信頼性を持たせるべきではありますが、小型無人機は搭載品の寸法や重量に制約が多く、有人航空機と同じような信頼性を確保することは難しいという課題があります。これに対し小型・軽量であることから、衝撃吸収構造によって衝撃を軽減することなどで、万が一人に衝突しても重度の傷害は与えないようにできる可能性があるため、災害監視無人機の先頭形状に衝撃吸収構造を取り付けた供試体を用いて、人体ダミーへの衝突実験とその評価を行い、衝突解析技術の検証を行ってきました。

衝突実験装置

衝突実験

ページTOP