CFRP製スピードブレーキを飛行実証 | 脱オートクレーブ複合材成形技術実証 | JAXA航空技術部門
スマートフォンサイトを表示

宇宙航空研究開発機構

脱オートクレーブ複合材成形技術実証

トピックス一覧へ

2014年3月24日

CFRP製スピードブレーキを飛行実証

2013年11月、アメリカのフェニックス・グッドイヤー空港で、アルミ合金製(実物中古品)、CFRP製(VaRTM及びVPH製)のスピードブレーキを取り付けたセーバーライナー65小型双発ビジネスジェット機を実際に飛行させ、性能評価を行いました。
従来のアルミ合金製に比べ、CFRPは重量を軽くすることができます。今回はVaRTM成形法やVPH成形法により、部品重量がアルミ合金製より軽くなった(従来の60%)にもかかわらず、従来品と同じ強度・機能が維持できることが確認されました。

ページTOP