スマートフォンサイトを表示

宇宙航空研究開発機構

EFD/CFD融合データ活用技術

近年の計測/解析に関わる手法や機器の向上に伴い、EFD(風洞試験)/CFD(計算流体力学)のデータの精度や生産性は飛躍的に高まっています。一方、それらの膨大かつ高精度なデータを融合の上、客観的に解釈し、シミュレーションの高精度化、流体の現象理解や設計開発に有効活用させるための仕組みについては十分に整備されておらず、またその精度・信頼性についても十分に検討されていません。

本研究では、統計数理分野で研究開発が進められてきたデータ同化技術の活用により物理モデル(乱流モデル等)の高度化を図り、航空機・宇宙機の空力特性予測の精度向上を目指し、近年の技術進歩により莫大な情報量を有するようになったEFD/CFDデータを相補的かつ融合的に解析して有意義な情報を抽出し、流体の現象理解に供するとともに、風洞試験条件における空力特性予測精度(最尤値(さいゆうち)及び不確かさ幅の推定)を保証します。

アンサンブルカルマンフィルタを用いた3次元遷音速流データ同化計算
(翼面圧力計測データを用いて同化)

ページTOP