スマートフォンサイトを表示

宇宙航空研究開発機構

遷音速非定常流れ場評価・改善技術

トピックス一覧へ

2014年9月25日

PIV計測データを活用したデバイス配置最適化技術開発のための風洞試験を実施

航空機の翼にボルテックス・ジェネレータ※1などのデバイスを配置する場合、通常は設計時に風洞試験を繰り返し行い、空力特性のもっとも良い配置を導き出します。JAXAでは、PIV※2計測によって得られる高密度で詳細な計測データを活用することで、これまでよりも短期間で確実に空力特性の良いデバイス配置を導き出せる手法を研究開発しています。
2014年6月に2m×2m遷音速風洞を使ったPIV計測試験で、ボルテックス・ジェネレータの有無や配置によって発生する気流の違いを明確に捉えることができました。今後、PIV 計測で取得されたデータを用いて、効果の高い配置を導き出す手法の研究開発を進める予定です。

※1: 航空機の翼等に取り付けて気流中に渦を発生させ、翼表面の流れを制御するための突起物です。
※2: 気流中にトレーサとなる粒子を混入させ、レーザ光等の照明を使って撮影した粒子の画像から粒子の移動量を解析して、気流の速度を計測する手法です。

気流速度計測結果(速度の速い順に、赤色、黄色、黄緑色で示す)
ボルテックス・ジェネレータが無い場合(下)に見られる気流の遅いところ(黄色、黄緑色)が、ボルテックス・ジェネレータを付けた場合(上)では小さくなっている。

ページTOP