スマートフォンサイトを表示

宇宙航空研究開発機構

極超音速旅客機技術

最新情報一覧へ

2016年4月21日

極超音速ターボジェットのアフターバーナー燃焼に成功

アフターバーナー燃焼試験の様子

平成28年2月~3月に実施した推進風洞実験(宮城県・角田宇宙センター)において、マッハ4飛行状態における極超音速予冷ターボジェットのアフターバーナー燃焼に成功しました。アフターバーナーとは、ジェットエンジンの排気ガスに燃料を噴射して、高温の燃焼をすることで高い推力を得る方法です(極超音速ターボジェットにおけるアフターバーナーの詳細はこちらをご覧ください)。今回行った実験では、エンジンに供給した液体水素燃料によって、液体水素による空気予冷効果と同時に、アフターバーナー動作時には2000 Kケルビン (ケルビン)(約1727℃) という高温での燃焼を実現できることを確認しました。

今後は、インテークコアエンジンの作動状態を調整し、推力向上を目指す予定です。

【参考】極超音予冷ターボジェットの研究開発経緯

ページTOP