スマートフォンサイトを表示

宇宙航空研究開発機構

高精度衛星航法技術

最新情報一覧へ

気象条件の悪い時でも空港への精密(曲線)進入を行うためには、衛星航法の信頼性を上げる必要があります。従来の航空機では、GPS 衛星による衛星航法装置が搭載されていますが、GPSは電離圏異常等により信号を一時的に受信できなくなり、誤差を生じることがあります。
これらにINS(慣性航法装置)を組み合わせることによってお互いを補完し合い、より精度と信頼性が高い衛星航法が可能になります。

GBASを利用した衛星航法による精密進入と電離圏の脅威

ページTOP