部門長あいさつ


航空技術部門では、文部科学省 科学技術・学術審議会 研究計画・評価分科会が策定した「研究開発計画」(2017年2月)に則り、我が国の航空産業の振興、国際競争力強化に資するため、社会からの要請に応える研究開発、次世代を切り開く先進技術の研究開発及び航空産業の持続的発展につながる基盤技術の研究開発を実施しています。

研究開発を実施するにあたり、以下の3つの目標を掲げます。

  1. 航空産業を支える産業界の方々と緊密な連携をとり、10年先を見越した革新的なシステムを実現するためのキー技術を見極め、国際競争力のある先進技術と航空機の安全性を向上する技術を創造することを目指します。
  2. 創造した技術を知的財産として適切に民間に移転することで、研究開発成果を活用する事業創出及びオープンイノベーションを喚起する取組を強化し、世界的に期待される航空産業の拡大を我が国の経済成長に最大限取り込むことを目指します。
  3. 異分野異業種も含む国内外の人材・英知を結集し研究活動を実施する拠点となるべく、産官学が参加するコンソーシアムの構築、海外研究機関との効率的な国際的互恵関係の構築、ICAO※1やISO※2等での国際標準化活動及び大学・学協会と連携し航空科学技術を担う人材の育成の推進を目指します。

上記の目標を達成するために、職員一同全力で取り組んでまいります。引き続き、皆様のご支援、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

2020年4月
航空技術部門長  張替 正敏


※1 ICAO:国際民間航空機関(International Civil Aviation Organization)
※2 ISO:国際標準化機構(International Organization for Standardization)