スマートフォンサイトを表示

宇宙航空研究開発機構

平成22年度 JAXA航空プログラムグループにおける公募型研究の実施について 審査結果

このほど実施しました公募型研究の採択案件をおしらせします。
※応募件数は17件でした。

採択案件

1. ロバスト性を考慮したトポロジー最適解群による航空機構造部材形状最適設計

東京工業大学  轟 章(教授)

研究分野/研究題目 TS3(1):構造技術の研究/複合材構造技術の研究
研究期間 FY22~FY24

2. 高マッハ数壁乱流における摩擦抵抗の低減に関する基礎的研究

慶応義塾大学  深潟 康二(専任講師)

研究分野/研究題目 TS2(4):空力技術の研究/摩擦抵抗低減技術の研究
研究期間 FY22~FY24

3. インテークバズの発生メカニズム解明とその制御

東京農工大学  亀田 正治(教授)

研究分野/研究題目 TS4(2):推進技術の研究/高効率インテーク技術の研究
研究期間 FY22~FY24

4. クラスタ型超音速インテークに関する研究

川崎重工業株式会社  園田 誠一(上級専門職)

研究分野/研究題目 TS4(2):推進技術の研究/高効率インテーク技術の研究
研究期間 FY22~FY24

5. エンジン排気を含む空力特性推算数値解析技術の研究

諏訪東京理科大学  雷 忠(准教授)

研究分野/研究題目 TS1(2):コンピュータ解析・設計技術の研究/
高忠実度多分野統合解析技術の研究
研究期間 FY22~FY24

6. 気球落下超音速飛行実験の飛行経路検討
-飛行軌道設計における動的計画法応用の研究

九州大学  宮沢 与和(教授)

研究分野/研究題目 TS6:誘導制御技術の研究
研究期間 FY22~FY23

7. 小型超音速旅客機用エンジンの性能検討

株式会社IHI  浅子 知昭(主査)

研究分野/研究題目 SS(1):次世代超音速旅客機技術の研究
/小型超音速旅客機の概念検討
研究期間 FY22~FY24

8. プラズマ流体アクチュエータによる超音速航空機の離着陸時
空力性能改善

鳥取大学  松野 隆(講師)

研究分野/研究題目 TS2(3):空力技術の研究/離着陸性能改善技術の研究
研究期間 FY22~FY24

9. 環境適合超音速機の多点設計に関する研究

首都大学東京  金崎 雅博(准教授)

研究分野/研究題目 TS1(1):コンピュータ解析・設計技術の研究/
多分野統合・多目的最適設計技術の研究
研究期間 FY22~FY24

10. エンジン排気を含む空力特性推算数値解析技術の研究

東北大学  佐々木 大輔(助教)

研究分野/研究題目 TS1(2):コンピュータ解析・設計技術の研究/
高忠実度多分野統合解析技術の研究
研究期間 FY22~FY23
ページTOP