スマートフォンサイトを表示

宇宙航空研究開発機構

基盤応用技術

航空分野における日本の基盤技術レベルは既に非常に高いものとなっていますが、一方これらの技術をすぐ航空機開発へ導入できるようにはなっていません。
JAXAはこれまで培った基盤技術を、航空機システムの設計・開発・評価・認証の現場へ適用できるようにし、そのプロセスを革新することを目的とした基盤応用技術を開発します。これにより、我が国航空機産業の国際競争力向上に貢献します。

高度基盤技術による航空機の機体開発支援: 設計開発の時間短縮による市場投入時期高速化

航空機開発高速化基盤技術

CFD(数値流体力学)による設計・解析技術を、風洞実験や飛行実験と同等以上のレベルに精度を向上させることで、これまでの設計開発手法に革新を起こします。あわせて航空機開発に必須な実機性能の予測技術を向上させます。

実機空力特性推定技術

実験用航空機を使った実機の空力特性や主翼変形量の計測技術、風洞/CFDと実機によるレイノルズ数差や微少な形状差の補正技術、主翼上の衝撃波振動であるバフェット非定常現象を改善するデバイス設置技術により、飛行条件を忠実に推定可能な実機空力特性推定技術、飛行の安全性、効率性を増大させる非定常現象抑制技術の確立を目指します。

EFD/CFD融合データ活用技術

航空機・宇宙機の空力特性予測の精度向上を目指し、近年の技術進歩により莫大な情報量を有するようになったEFD/CFDデータを相補的かつ融合的に解析して有意義な情報を抽出し、流体の現象理解に供するとともに、空力特性予測精度を保証します。

新材料・新工作技術に伴う結合構造の強度予測

マグネシウム系合金の変形や応力場等の分布溶接接合部の不均質な力学特性を同定する技術、損傷進展を予測する技術や、広範囲の不均質力学特性の影響を導入することによって、将来の構造設計を見据えた、より適用範囲の広い手法の開発を目指します。

ページTOP