スマートフォンサイトを表示

宇宙航空研究開発機構

基礎的・基盤的技術の研究(Science & Basic Tech.)

将来に向けた新しい技術を創り出すための基礎的な研究や、試験・解析のための基盤技術の向上も航空技術部門の大きな役割です。航空分野のみならず宇宙分野の面でも、JAXA のプロジェクトや産業界などの活動を支えるため、空気力学、エンジン、材料・構造、数値解析、飛行力学などの基礎的・基盤的技術の研究、日本有数の大型試験設備の維持・向上や試験法の開発などを行い、航空から宇宙まで、多様な研究開発のニーズに応えています。

統合シミュレーション技術

多くの分野にわたる専門的な知見を組み合わせることで、航空機開発の強力なツールである数値シミュレーションの利用範囲を拡大する「多分野統合シミュレーションシステム(ISSAC:Integrated Simulation System of Aerospace vehiCles)」の研究開発に取り組んでいます

空力技術

航空宇宙産業の基幹産業化と国際競争力に貢献するため、空力性能を向上する技術や高精度/高品質の試験データを効率よく提供するための風洞技術の研究開発を実施しています。

数値解析技術

航空宇宙分野の発展・信頼性向上に向けての数値解析技術の寄与増大と、数値解析技術の実利用普及促進及びJAXA事業への貢献を目的とし、基盤的数値解析技術及び周辺技術の高度化と実用化を進めています。

飛行技術

飛行実証を行うための基盤となる飛行試験設備や飛行試験技術の高度化を図るとともに、それらを活用してJAXA内外からの飛行実証ニーズに応えていきます。また、独自の飛行システム基盤技術の研究開発を行い、短期的・長期的な視点で社会に貢献していきます。

推進技術

航空機用エンジンに求められている低燃費と環境適合性を実現する先進技術を開発し、我が国の航空機産業の国際競争力強化への貢献を目指します。更に、将来の新しい航空輸送インフラ開拓を目指し、脱化石燃料化、高速利便性と環境適合性の両立等を実現する先端技術を開発・実証します。

構造・複合材料技術

複合材料の性能向上や設計技術への応用を目指した研究を始め、航空機設計技術に必要な解析技術の研究、複合材料・構造に対する技術実証等を行います。また、より高い強度や新機能を有する次世代の複合材料の創出、更に複合材料の試験方法の規格化やデータベースの公開を通じ、我が国の複合材料産業競争力の保持・拡大に貢献します。

装備品認証基盤技術

装備品を航空機に搭載するためには、その安全性などを航空当局に確認してもらう「認証」が欠かせませんが、なかでも装備品の内部で使われるソフトウェアの認証が、日本のメーカーが参入するうえで大きなハードルとなっています。

これまでの研究事業で蓄積したソフトウェア認証取得に必要なノウハウや情報を、「航空機装備品ソフトウェア認証技術イニシアティブ」を通して国内の装備品メーカーと共有し、ソフトウェア認証を支援することで、航空産業の国際競争力強化へ貢献いたします。

ページTOP