スマートフォンサイトを表示

宇宙航空研究開発機構

数値解析技術

航空宇宙分野の発展・信頼性向上に向けての数値解析技術の寄与増大と、数値解析技術の実利用普及促進およびJAXA事業への貢献を目的とし、基盤的数値解析技術および周辺技術の高度化(=すごい技術)と実用化(=使える技術)を進めています。

高速バフェット現象の解析例

亜音速旅客機の機内騒音の解析例

航空宇宙における実機ベースMulti-Fidelity数値解析技術

フロンティア領域の非定常CFD解析技術

バフェットや剥離などの非定常現象が発生する巡航以外の状態に着目し、非定常現象を精度良く予測できるCFD技術の実用化をターゲットとし、フライトエンベロープ(航空機の飛行可能な範囲)全領域で使えるCFDの実現を目指します。

航空宇宙機内部音響環境改善のための音響解析技術

航空機・宇宙機の様々な音響問題を改善するために必要な音源、伝播、透過/振動の個々の解析技術を高度化・高速化して世界最先端を目指すとともに、それらをシームレスに使える統合解析ツールの開発を目指します。

燃焼器設計フロントローディング化のためのシミュレーション技術

燃焼の環境適合性、安定性を定量的に評価できる技術を目指し、燃焼器サブスケールレベルの高精度非定常解析を実現します。

電気推進機の開発効率化に向けたプラズマ解析技術

宇宙航行用推進機として知られる電気推進機内部のプラズマ流れのシミュレーションが可能な解析ツールを開発し、流れ場の現象理解促進やシミュレーションによる性能評価及び耐久性評価を実現することで、これまで長期にわたっていた電気推進機開発の効率化を目指しています。

世界最速の高効率流体解析ツールの開発と社会貢献

高効率流体解析ツール(HexaGrid/FaSTAR)の信頼性向上、機能追加による利便性向上、GUIによる操作性向上を行い、ユーザーフレンドリーな解析ツールの構築することで、さまざまな解析作業の現場で業務の効率化を可能にします。更に、社会貢献の一例として、大学等の教育機関に開発した解析ツールの実行モジュールを提供しています。

数値解析における共通基盤・支援技術の高度化

数値解析の品質・付加価値の向上

数値解析に含まれる不確定性を定量的に評価するツールや、解析結果と実現象との乖離を許容範囲に収めるガイドラインを作成し、解析結果の品質向上や品質確保を実現することで、設計・開発段階での解析結果の利用の確実化及び有効利用を促進することを目指します。

高負荷数値シミュレーションの高速化技術

従来のCPU一台分の構造を複数内包するマルチコア/メニーコアCPUの効率的な利用手段(チューニング指針やプログラミングスタイル)を提示することにより、複雑化したCPUにおいても現状の演算器稼働率(10%程度)以上の利用効率の実現を目指しています。

ページTOP