スマートフォンサイトを表示

宇宙航空研究開発機構

航空安全技術の研究開発プログラム(STAR)

航空輸送量の増加に伴い、航空機事故も増加する可能性があります。これを防ぐには、航空機の安全性のさらなる向上が必要です。一方、頻発する自然災害や多様化する危機管理ニーズに柔軟・迅速に対応するため、無人機を含む航空機のさらなる活用が求められています。
本プログラムでは、航空機運航の安全性向上とともに、航空機を使った安全・安心の創出に資する研究開発を推進します。具体的には、航空機事故の大きな要因である特殊気象(乱気流、雪氷、雷、火山灰など)とヒューマンエラーの検知・予測・防御技術の研究開発を進め、航空機運航の安全性や効率性を向上させるとともに、その成果の技術移転を通じて日本の装備品産業の国際競争力を高めることに貢献します。一方、航空宇宙機器の統合的な運用により自然災害対応や警備・警戒などの危機管理能力の大幅な向上を実現する災害・危機管理対応統合運用システムの研究開発やヘリコプタ・無人機の利用拡大に向けた運航管理・支援技術の研究開発などを進め、安全で安心な社会と生活に貢献します。

乱気流事故防止機体技術の実証(SafeAvio)

これまで検知が不可能だった晴天乱気流を検知できる、航空機搭載用のドップラーライダーを開発し、パイロットへ乱気流情報を提供する「乱気流事故防止システム」と、航空機の自動姿勢制御装置を組み合わせ、乱気流による急な機体の揺れを抑える「機体動揺低減技術」の開発を目指します。

災害対応航空技術(D-NET2)

ヘリコプター等の航空機、無人航空機、人工衛星の統合的な運用による災害情報の収集・共有化及び災害救援航空機による効率的かつ安全な救援活動を支援する「災害救援航空機統合運用システム(D-NET2)」の実現に必要な技術を開発することで、将来起こりうる大規模災害への対応能力強化に貢献します。

航空機事故防止技術

特殊気象やヒューマンエラーに対する機体の安全性を効率的に維持するため、機体・滑走路の状態や気象状況を検知し、予測・防御する気象影響防御技術、潜在的なヒューマンエラーを予知する脅威予知防御技術の開発を目指します。

次世代運航システム(DREAMS)

将来の空港周辺の航空輸送量増大に対応した新しい運航システム及び大規模災害時に多数集まる救援航空機と災害対策本部間で情報共有できるシステムの開発を行いました。

放射線モニタリング無人機システム(UARMS)

長時間滞空能力を持つ小型無人航空機に、日本原子力研究開発機構がこれまで無人ヘリコプターに搭載してきた放射線検出器やリアルタイム・モニタリング機能を改良したものを搭載し、放射線モニタリングに適した小型無人航空機システムを開発します。

ページTOP