スマートフォンサイトを表示

宇宙航空研究開発機構

航空安全技術の研究開発プログラム(STAR)

2012(平成24)年までの10年間に起きた重大な航空機事故は、乱気流等の気象要因が引き金となった操縦不能(LOC-I, Loss OF Control In-flight)によるものがもっとも多いと報告されています。
本プログラムでは、世界トップのレーザーレーダー(ライダー)技術をベースに、乱気流中の揺れ、翼振動を抑制する突風応答・荷重軽減システムの技術開発を行い、ウェザー・セーフティ・アビオニクスを次世代旅客機で実現し、航空機運航中の事故を防止するとともに、日本の装備品産業の競争力を高めることに貢献します。

ウェザー・セーフティ・アビオニクス

また東日本大震災では、救援航空機が大きな活躍をしました。しかし、情報共有、広域連携、全天候運航など明らかになった課題もあります。将来起こりうる大規模災害への対応能力強化の観点から、災害時に宇宙・航空連携により救援航空機を効率的かつ安全に活用する災害救援航空機統合運用システムや災害時における無人航空機の利用拡大に資する技術を開発します。

災害救援航空機統合運用システム(D-NET2)のシステム構成

乱気流事故防止機体技術の実証(SafeAvio)

これまで検知が不可能だった晴天乱気流を検知できる、航空機搭載用のドップラーライダーを開発し、パイロットへ乱気流情報を提供する「乱気流事故防止システム」と、航空機の自動姿勢制御装置を組み合わせ、乱気流による急な機体の揺れを抑える「機体動揺低減技術」の開発を目指します。

災害対応航空技術(D-NET2)

ヘリコプター等の航空機、無人航空機、人工衛星の統合的な運用による災害情報の収集・共有化及び災害救援航空機による効率的かつ安全な救援活動を支援する「災害救援航空機統合運用システム(D-NET2)」の実現に必要な技術を開発することで、将来起こりうる大規模災害への対応能力強化に貢献します。

航空機事故防止技術

特殊気象やヒューマンエラーに対する機体の安全性を効率的に維持するため、機体・滑走路の状態や気象状況を検知し、予測・防御する気象影響防御技術、潜在的なヒューマンエラーを予知する脅威予知防御技術の開発を目指します。

次世代運航システム(DREAMS)

将来の空港周辺の航空輸送量増大に対応した新しい運航システム及び大規模災害時に多数集まる救援航空機と災害対策本部間で情報共有できるシステムの開発を行いました。

滞空型無人機技術

悪天候の影響を受けない高高度に長期間滞空し、時々刻々と変化する被災状況を、詳細かつ連続的に監視することができるため、人工衛星、有人航空機のミッション能力を補完・補強し、安全な社会の実現に貢献できると期待されます。

放射線モニタリング無人機システム(UARMS)

長時間滞空能力を持つ小型無人航空機に、日本原子力研究開発機構がこれまで無人ヘリコプターに搭載してきた放射線検出器やリアルタイム・モニタリング機能を改良したものを搭載し、放射線モニタリングに適した小型無人航空機システムを開発します。

ページTOP