スマートフォンサイトを表示

宇宙航空研究開発機構

航空環境技術の研究開発プログラム(ECAT)

航空輸送は、年間37億人以上が利用し、その輸送量は毎年4.6%増、今後20 年間で2.4倍になると試算されています。一方では、それに伴い、CO2排出や空港周辺の騒音など、航空機による環境負荷の増大も懸念されています。このため、経済性に優れるとともに、これまで以上に環境に優しい航空機が求められています。特に、民間航空機では、経済性と環境性能が市場競争力を決める重要な指標になっています。
本プログラムでは、産業界等と協力して、これまでの研究開発成果をベースに、超高バイパス比エンジンについて特に高温高圧のコアエンジン技術、複合材料の適用拡大による軽量化技術、機体の低抵抗低騒音技術、脚・高揚力装置からの機体騒音や、エンジン騒音の低減技術の研究開発を行い、持続的で豊かな社会の実現に貢献するとともに、日本の航空産業の国際競争力を高めてその成長に貢献します。

※:一般財団法人 日本航空機開発協会「民間航空機に関する市場予測 2017-2036」、「平成28年度版 民間航空機関連データ集」(2017年3月)

aFJR(高効率軽量ファン・タービン技術実証)プロジェクト

国内のジェットエンジンメーカーが実績豊富な「ファン」及び「低圧タービン」について環境適合性を向上する技術を開発・実証し、次世代エンジンの国際共同開発において設計分担を狙える技術レベルを目指します。

FQUROH(機体騒音低減技術の飛行実証)プロジェクト

航空機の機体騒音の主たる音源である高揚力装置(フラップやスラット)及び降着装置(脚)に対する騒音低減技術を開発し、実際の航空機に適用して飛行試験による実証を目指します。

エコウィング技術

次世代航空機における優位な環境性能を実現するための技術として、「空力/構造連携機体抵抗低減技術」「高ひずみ軽量複合材構造設計技術」の技術開発及びこれらを適用した機体を評価するため「システム評価技術」の研究を行います。

グリーンエンジン技術

ジェットエンジンの更なる環境性能向上のために、コアエンジン、エンジン騒音低減技術の開発・実証を目指します。

ページTOP