スマートフォンサイトを表示

宇宙航空研究開発機構

航空技術部門について

航空技術部門は、航空科学技術の研究開発活動を通じて、安心で豊かな社会の実現に貢献することを理念として、以下の目的に沿って事業を推進します。

このため、我が国の方針や社会ニーズに基づき、3つの研究開発プログラムを推進するとともに、これらを支える基礎的・基盤的技術の研究に取り組みます。特に、航空環境技術と航空安全技術に関する研究開発を重点化します。

航空環境技術の研究開発プログラム ECAT 航空安全技術の研究開発プログラム STAR 航空新分野創造プログラム Sky Frontier 基礎的・基盤的技術の研究

“新たな空へ 夢をかたちに”ようこそJAXA航空技術部門へ

航空技術部門の過去、現在、未来の取り組みを分かりやすくご紹介します。

部門長あいさつ

部門長からのあいさつです。

組織図

航空技術部門の組織図です。

事業所

航空技術部門は、主に調布航空宇宙センター及び調布航空宇宙センター飛行場分室を拠点に研究や実験を行っています。また大樹航空宇宙実験場、名古屋空港飛行研究拠点では飛行実証実験を行っています。

次世代航空イノベーションハブ

「日本の航空産業の競争力強化」と「航空輸送の変革に資するハイインパクトな革新技術の創出」促進するオープンイノベーションの拠点として、次世代航空イノベーションハブを構築しています。

こんな研究をしています

航空技術部門の研究者たちが、多岐にわたる航空科学技術の研究開発において、自身が携わる研究開発の内容について分かりやすく紹介します。研究開発への想いややりがい、目指していることなども語ります。

お知らせ・プレスリリース

航空技術部門からのお知らせや、航空技術部門に関連するプレスリリースをご覧いただけます。

ページTOP