スマートフォンサイトを表示

宇宙航空研究開発機構

航空機電動化(ECLAIR)コンソーシアム

次世代航空イノベーションハブの活動

トピックス

コンソーシアムの目的

近年、航空機のCO2排出削減が世界的に重要な環境課題となりつつあり、電動化による環境負荷の低減が注目を集めています。一方、2000年代後半頃からハイブリッド/電気自動車の普及を目指し、バッテリー、インバーター、モータなど電動要素の性能が飛躍的に向上しました。これらの技術は小型の電動航空機(電動機を動力とする航空機)に適用が可能なレベルとなっており、海外では既に電動航空機の実用化に向けた開発が進んでいます。
本コンソーシアムにおいてはJAXA航空技術部門次世代航空イノベーションハブが中核となり、産学官連携のもと、世界に誇る国内の電動要素技術などを航空機技術と糾合するオープンイノベーションの手法によって、抜本的にCO2排出削減が可能な「エミッションフリー航空機」の実現と新規産業の創出に向けた活動を行います。具体的には、将来ビジョンを策定・共有し、それに基づき技術開発を行うことにより、我が国として国際競争力のある技術の強化を目指します。


名称:航空機電動化(ECLAIR)コンソーシアム
英文名称:Electrification ChaLlenge for AIRcraft (ECLAIR) Consortium

コンソーシアムの事業内容

社会実装に向けた将来ビジョンとロードマップの共有
革新的技術を創出するための挑戦的研究開発

国内産業界のイニシアチブを醸成するための枠組み作り

コンソーシアムの体制


ステアリング会議メンバー(50音順(機関名))

株式会社IHI 大依 仁
国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構 渡辺 重哉(議長)
川崎重工業株式会社 五井 龍彦
経済産業省 畑田 浩之
株式会社SUBARU 村田 巌
株式会社日立製作所 中津 欣也
三菱重工航空エンジン株式会社 貴志 公博
三菱電機株式会社 岩田 明彦

オブザーバー(50音順)

国土交通省
一般社団法人 全日本航空事業連合会
東京大学
一般社団法人 日本航空宇宙工業会
防衛装備庁 航空装備研究所
文部科学省

航空機電動化コンソーシアム規約

ページTOP