スマートフォンサイトを表示

宇宙航空研究開発機構

航空機事故防止技術

航空輸送需要は今後20年間で2倍になると予想されており、それに伴い航空機の事故も増加する可能性があります。航空機事故の大きな要因は、特殊気象とヒューマンエラーが占めており、これらへの対策が非常に重要となります。
JAXAは、特殊気象やヒューマンエラーに対する機体の安全性を効率的に維持するため、機体・滑走路の状態や気象状況を検知し、予測・防御する気象影響防御技術(機体防着氷技術、雪氷滑走路技術、気象事前検知技術、対被雷技術、耐特殊気象エンジン技術)、潜在的なヒューマンエラーを予知する脅威予知防御技術(OPSAMS: Operational Procedure Safety Analysis Monitoring System)の開発を目指す「航空機事故防止技術」の研究開発を行っています。

気象影響防御(WEATHER-Eye)技術

航空機を安全に、かつ効率よく運用するためには、雪氷や雷など気象に対する防御技術が必要です。「気象影響防御(WEATHER-Eye)技術」は、機体・滑走路の状態や気象状況を検知し、予測・防御する技術の確立を目指しています。

電人計画

ヒューマンエラーは航空機事故の大きな要因であり、ヒューマンエラーへの対策は安全な航空機運航に欠かせません。しかし、予測できるエラーへの対策だけでは、航空機事故を未然に防ぐためには不十分です。JAXAでは、潜在的なヒューマンエラーを予知する脅威予知防御技術(OPSAMS: Operational Procedure Safety Analysis Monitoring System)の開発を目指す「航空機事故防止技術」の研究開発を行っています。

※ 人間の行動を原因とする失敗、ミス。人為的過誤。

ページTOP