スマートフォンサイトを表示

宇宙航空研究開発機構

航空機開発高速化基盤技術

航空機の設計開発を高速化・迅速化する実用的な技術基盤、そして評価・認証における課題解決を促進する技術基盤を確立します。
そのため、従来行われてきたCFD(数値流体力学)による設計・解析技術を、風洞実験や飛行実験と同等以上のレベルに精度を向上させることでこれまでの設計開発手法に革新を起こし、競合機に対する市場競争力を強化します。
さらに必要とされる基盤技術を、認証評価に耐えうる技術レベルに向上させることを目指します。

共通基盤空力解析ツール

これまでJAXAで開発してきた世界最速の流体解析ソフト「FaSTAR」 を拡張し、搭載物分離解析、構造連載解析を可能にする「移動・変形物体解析モジュール」と、航空エンジンのファン・圧縮機・タービンなど翼列の解析熱連成解析を可能にする「エンジン解析モジュール」を組み合わせた新しい空力解析ツール「FaSTAR-Move」を開発します。これにより複雑形状でも高速にCFDを可能にします。
さらに将来的には、定常・非定常に係わらずあらゆる状態の空力予測が可能なCFDツールを開発し、次世代航空機開発への活用を支援します。

空力解析ツール「FaSTAR-Move

実機空力基盤技術

航空機設計の現場では、風洞実験やCFDにより空力モデルを作成し、そこから実スケールの機体の空力特性を予測して、機体形状を最適化していきます。実機空力特性の予測精度が低いと、開発遅延、コスト増加に繋がります。
そこで、特に予測が難しい離着陸時の空力特性を高精度に予測する「実機空力特性予測技術」を開発します。また、ボルテックス・ジェネレーターなどによる性能改善を支援する「実機空力性能改善基盤」を整備します。
さらに将来的には、機体形状に加え構造・制御など総合的に最適化できる「多分野統合最適化技術」を目指します。

共通基盤解析ツールと実機空力基盤による航空機開発支援

ページTOP