スマートフォンサイトを表示

宇宙航空研究開発機構

無人航空機・運航技術

放射線モニタリング無人機システム(UARMS)

無人航空機(UAS)は農薬散布や空撮などの分野で既に実用化されていますが、今後は災害監視などの公的利用や、インフラ点検、物資輸送などの新たな産業利用が期待される成長分野です。JAXAは、小型無人航空機(小型無人機)の運航安全及び任務能力向上のための基礎・基盤技術の研究開発によってその利用拡大を支え、安全で豊かな社会の実現に貢献します。
また航空機運航の需要拡大に対応する効率性及び環境適合性向上に重点化した運航技術の研究開発を行い、経済・社会の発展に貢献します。

小型無人機の運航安全技術

小型無人機の視程外・有人地帯における運用を実現するため、運航管理技術、安全性評価/向上技術等の研究開発を行います。

小型無人機の任務能力拡大技術

小型無人機の任務能力を拡大するため、離着陸時の運用性と飛行範囲とを両立する小型VTOL無人機技術と、悪天候下でも安全に飛行できるモーフィング翼技術の研究開発を行います。

複数MAV協調運用による複雑任務対応能力

屋内空間で複数の小型飛行ロボット(Micro Aerial Vehicle)が協調的に電動ファンと簡単な制御系統を組み合わせたMAVの屋内でのミッションを想定し、複雑な任務を遂行するためのアルゴリズムの開発など基礎技術の開発と飛行実証を行います。

ページTOP