スマートフォンサイトを表示

宇宙航空研究開発機構

実機空力特性診断技術

最新情報一覧へ

航空機・宇宙機の設計では、風洞試験や流体の数値シミュレーション(CFD)等の地上での予測ツールを用いて実機の空力特性を予測しつつ開発を進めます。地上試験による予測は、レイノルズ数(慣性力と粘性力の比)、細かい形状、飛行時の形状変形、流体現象の数学モデル化など、実機の飛行とはどうしても異なったものになってしまいます。
一方、飛行試験から得られるデータは限定的な項目になってしまいますが、これと地上試験やシミュレーションによって算出した空力特性を比較することは、地上での予測ツールにより構築される実機空力特性の推定技術を改良する上で必要不可欠です。

本研究では、実機の飛行試験において特に空力特性に大きな影響を与える主翼上面の衝撃波の位置を可視化・同定する技術や、詳細な圧力分布を計測できる技術や主翼の詳細な変形量を計測できる技術等を開発します。

実験用航空機「飛翔」での主翼変形計測システム: 2か所の窓にカメラを設置し、主翼上のマーカ(黒い丸印)の位置を3次元的に計測

ページTOP