スマートフォンサイトを表示

宇宙航空研究開発機構

極超音速旅客機技術

最新情報一覧へ

2014年6月20日

極超音速ターボジェットのマッハ4推進風洞実験に成功

試験設備に設置された極超音速ターボジェット(左側からマッハ4の空気が吹き出す)

2014年2月28日、角田宇宙センターのラムジェットエンジン試験設備において、極超音速ターボジェットのマッハ4推進風洞実験に成功しました。
昨年、能代ロケット実験場でエンジン内部をマッハ4で飛行している時と同じ状態にしてエンジン燃焼実験を実施しましたが、今回の実験では、高速かつ高温の気流をエンジン全体に吹き付けることで、実際にマッハ4で飛行している時と同じ環境で、極超音速ターボジェットが作動することを確認しました。また、液体水素などの極低温燃料を利用した空気冷却の効果、衝撃波を利用した空気圧縮の性能、およびエンジン全体の推進力などのデータを得ることができました。
今後は、可変インテークアフターバーナーの作動によって推進力を向上させる予定です。

ページTOP