スマートフォンサイトを表示

宇宙航空研究開発機構

放射線モニタリング無人機システム(UARMS)

最新情報一覧へ

2015年1月19日

UARMS機能向上機の飛行試験をふくしまスカイパークで実施

2014年11月27日、28日、福島市のふくしまスカイパークで、UARMS機能向上機の飛行試験を行いました。
“機能向上機”は、これまで開発・実証してきた“ベース機”に比べ、飛行時間を約6時間まで長大させ、放射線検出を高精度で行えるように地上からの距離を一定に保って飛行できる地形追従機能を備えています。さらに安全に飛行できるようにシステムのさらなる冗長化や、通信が途絶えた場合に自動的に基地局へ戻ってこれるRTB(自動帰投)機能などを持たせています。日本原子力研究開発機構が開発している放射線分布測定システムもバージョンアップし、特に無人航空機が旋回する際の検出精度が向上しています。
今回試験を行ったふくしまスカイパークは、これまで飛行試験を重ねてきた大樹航空宇宙実験場や鹿部飛行場に比べ、山々に囲まれ起伏に富んだ場所にあります。このような環境で、地形に沿って高度を変えながら飛行し、放射線計測の精度向上を確認しました。

ページTOP