宇宙航空研究開発機構

ミリ波レーダのフライトが進むなか、ひとつの問題が発生していました。

8月5日に日本に到着したジェット飛行実験機「飛翔」は、日本飛行機株式会社航空機整備事業部の工場(神奈川県大和市)で、計測機器の搭載作業を行っています。

MuPAL-ε、帰還

台風15号接近から一夜明けた今日、MuPAL-ε(JA21ME)が調布に戻ってきました。

実験用航空機のクイーンエア(JA5111)。1962年製ですが、いつも隅々まで整備されていて、パイロットにも丁寧に扱われているので、ぴかぴかの現役飛行機です。
半世紀もの長い間、いろいろな実験飛行を行ってきました。
残念ながら今日が最後の実験フライトになりました。



いい天気です。

MuPAL-ε、大樹町へ

MuPAL-ε(JA21ME)が大樹町に向けて出発しました。

MuPAL-εはクイーンエア(JA5111)とともに2005年から、宇宙科学研究本部(2010年4月 宇宙科学研究所に名称変更)ISASの大気球を使った観測や実験の際に、気球回収の支援を何度か行ってきました。
気球観測所はもともと岩手県大船渡市三陸町にあり、以前はMuPAL-εも三陸の観測所を拠点に離発着していました。


観測所が2008年に北海道の大樹航空宇宙実験場に移転したのにともない、今回の気球回収支援の行き先も大樹町になりました。
大樹航空宇宙実験場(http://www.jaxa.jp/about/centers/taiki/index_j.html)





回収支援を行ったのち、来週末に帰還する予定です。

カレンダー

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アーカイブ