スマートフォンサイトを表示

宇宙航空研究開発機構

海外との連携

最新情報一覧へ

2016年11月4日

韓国デジュン市でIFARサミットが開催されました。

2016年9月27日から29日の間、韓国デジュン市において、韓国航空宇宙研究院(KARI)をホストとして第7回IFARサミットが開催され、議長機関であるJAXAをはじめ、アメリカ航空宇宙局(NASA)やドイツ航空宇宙センター(DLR)、ロシアの中央航空流体力学研究所(TsAGI)、中国航空研究院(CAE)等、加盟26機関中18機関の代表らが顔を揃えました。
サミットでは、世界の研究機関が共通して直面する経営的課題の中から「未来の航空を支える将来の人材を、いかに航空に惹きつけるか」などといったテーマを取り上げ、各機関の代表者の間で活発な議論と意見交換が行われました。
また、技術面では15の加盟機関による最新の研究開発動向に関するプレゼンテーションが行われ、特にUAS(無人航空機システム)に関しては集中セッションを開催し、各国の法規制やインフラの整備状況、研究開発状況等が紹介された他、技術的課題についてグループディスカッションが行われました。UASに関しては、IFAR加盟機関間の研究協力も視野に、今後も意見交換を継続することが合意されました。
今回初めて議長機関としてサミットを主導したJAXAは、2017年10月に南アフリカにおいて南アフリカ科学産業技術研究所(CSIR)による開催が決まった第8回IFARサミットに向けて引き続きリーダーシップを発揮し、JAXAおよびIFAR加盟機関にとって真に価値のある国際協力活動を推進していきます。

KARIにて

ページTOP