スマートフォンサイトを表示

宇宙航空研究開発機構

第5回学際領域における分子イメージングフォーラム

2003年度に終了した機能性分子による熱流体センシング技術の研究開発(MOSAIC)プロジェクトは、JAXA総研と産業、大学、その他研究機関と連携して多くの成果を収めました。
MOSAICプロジェクトで鍵となった機能性分子を用いた流体計測は、プロジェクト終了後なお高いポテンシャルを秘めています。
本フォーラムは昨年の第4回に引き続き、機能性分子を用いた画像計測から流体の物理量を面計測する手法に焦点をあて、それを開発する側と応用する側の研究者が、最新の研究成果を発表し、議論する場となることを目的としています。
また、この研究に関係する著名な研究者を招聘して、新しい研究の方向性や研究の新領域を探ることを目的としています。今年度で5回目となる本フォーラムでは、主催者であるJAXAから流体グループ長も講演者として参加させていただきます。

※当イベントは終了いたしました。開催報告はこちらからご覧いただけます。

招待者は以下を予定しています。
圦本 尚義 先生(北海道大学)
宮脇 敦史 先生(理化学研究所)
雨澤 浩史 先生(東北大学)
三浦 登 先生(明治大学)
渡辺 重哉 (JAXA)


参加ご希望の方は
(1)参加のみ
(2)参加+ポスター発表
に加え、懇親会参加希望の有無を下記登録先あてにメールにてご連絡ください。
また、(2)をご希望の方は、ポスターのタイトル、発表予定者、要約(400文字以内)を合わせてご連絡ください。
締め切りは平成21年10月2日(金)です。
要約を審査の上、ポスター要項を平成21年10月9日(金)までに事務局よりお送りします。


登録及び問い合わせ先
JAXA研究開発本部 流体グループ
「学際領域における分子イメージングフォーラム」事務局 植松 advmeas@chofu.jaxa.jp

ページTOP