スマートフォンサイトを表示

宇宙航空研究開発機構

0.5m/1.27m極超音速風洞

空気加熱器を持つ高圧吹き出し/真空吸い込み式の間欠極超音速風洞です。ノズル出口径が0.5mと1.27mの2つの測定室を有し、切り替えて使用します。0.5m極超音速風洞はノズルを交換することでマッハ数5、7、9の試験が可能です。1.27m極超音速風洞はマッハ数10のノズル固定式です。これらの風洞は、極超音速流れにおける空気力や圧力分布、加熱率などの試験データを提供し、極超音速機や宇宙往還機の空力設計の最適化に貢献します。1.27m極超音速風洞は、極超音速風洞として世界最大規模の設備であるばかりでなく、マッハ数変動±0.3%以内の高い気流品質を誇っています。これまでの実績と経験によりきめの細かいサービスと信頼性の高い試験データの提供が行えます。

  0.5m風洞 1.27m風洞
形式 吹き出し真空吸い込み式
測定部 自由噴流式
ノズル出口径 50cm 127cm
マッハ数 5、7、9 10
澱み点圧力 1~8.5 MPa
持続時間 120秒 60秒
高圧空気源 18 m³×2(交互使用)、19.7 MPa
真空槽 2,300 m³ 4,600 m³
排気速度 6,500 m³/h×2
レイノルズ数 3~11.4×106(マッハ数7)、1~4.3×106(マッハ数10)(基準長 1 m)
完成年度 1965年度 1994年度
ページTOP