スマートフォンサイトを表示

宇宙航空研究開発機構

110kW誘導プラズマ加熱風洞

高周波電流により石英ガラストーチ内に高周波誘導電界を誘起して電子を振動させ、ジュール加熱で気流を高温プラズマ化します。アーク加熱風洞に比べ電極の融解がないため気流がクリーンで、メンテナンス性も良い風洞となっています。

形式 誘導結合プラズマ型加熱風洞
総エンタルピー ~20MJ/kg
気流持続時間 20分以上
プラズマトーチ経 78mm
形式 水冷2重石英管
測定部 自由噴流式
マッハ数 亜音速
澱み点試験 供試体形状: φ25mm円板
加熱率: 最大1.8MW/m²(ガードン型カロリメーター)
完成年度 2002年度
ページTOP