スマートフォンサイトを表示

宇宙航空研究開発機構

航空技術部門が目指す“空”

日本の航空技術研究の中核機関として、安心で豊かな社会の実現のため、そして航空産業の発展のため、貢献したい。
そのため、JAXA航空技術部門は「航空環境技術の研究開発プログラム(ECAT)」 「航空安全技術の研究開発プログラム(STAR)」 「航空新分野創造プログラム(SkyFrontier)」の3つを重点的に研究開発しています。
これらのプログラムでどのような社会が実現されるか。航空技術部門が目指す“空”、その一部を紹介します。

※各項目をクリックするとJAXAの研究分野の説明が表示されます。

移動速度アップ、移動時間の短縮 人工衛星による災害地観測 乱気流事故の低減 雷、着氷状況、損傷状況の確認 長時間定点観測 燃費向上 NOx, CO2騒音削減 運航情報、災害情報の情報共有 空港周辺の騒音被害縮小 離着陸間隔の短縮 機体騒音の低減
ページTOP