スマートフォンサイトを表示

宇宙航空研究開発機構

災害対応航空技術(D-NET2)

トピックス一覧へ

2015年6月22日

DMATとD-NET/D-NET2研究開発の連携協定を締結

2014年8月30日に実施された内閣府による広域医療搬送訓練の様子
災害医療センター(東京都立川市)にD-NET2の端末を設置して、評価いただいた

災害時において、航空宇宙機器などによる情報共有によって、効率的な救援活動を支援するため、JAXAではD-NET(災害救援航空機情報共有ネットワーク)やD-NET2(災害救援航空機統合運用システム)を研究開発しています。これらのシステムを実用的なものとするためには、実際に災害対応する機関による評価が非常に重要と考えており、これまでに消防防災ヘリコプターを管理・運用する総務省消防庁や神戸市などの関連機関と連携を結んでき ました。2015年4月、新たに国立病院機構災害医療センター(※外部サイトへリンクします)と連携協定を締結し、特に緊急災害医療現場において有効なシステムを開発して、災害医療関係者とともに評価を行うこととなりました。

災害医療センターは、災害発生時に救援活動を行うDMAT(災害時派遣医療チーム)(※外部サイトへリンクします)の事務局として活動してきました。また、全国医療機関の稼働状態などの情報を共有し、災害時において効率的な医療活動を支援する「EMIS(広域災害救急医療情報システム)」の整備・改良も推進しています。災害医療センターと連携す ることで、緊急災害医療で活躍するドクターヘリなどを運用する際の安全性、効率性の向上が期待できます

ページTOP