スマートフォンサイトを表示

宇宙航空研究開発機構

乱気流事故防止機体技術の実証(SafeAvio)

トピックス一覧へ

2015年4月20日

平成27年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 科学技術賞を受賞

「航空機搭載型ドップラーライダー装置」が、平成27年度文部科学大臣表彰において、科学技術賞(開発部門)を受賞しました。
旅客機事故の約半数が乱気流に関連して生じている中、現在の航空機に搭載されている気象レーダーでは、雲などがない晴天時の乱気流を検知することはできません。
JAXAでは、レーザー光を用いて遠方の晴天乱気流を検知する「航空機搭載型ドップラーライダー装置」を開発しました。この装置は、電磁ノイズの発生が少ない、レイアウトの自由度が高い、振動に影響されにくい、防塵性が高いなど、航空機搭載用のドップラーライダー装置として高い技術的優位性を持っています。また実際に飛行実証により、旅客機が巡航する高高度で距離9km以上の有効レンジを世界で初めて達成しました。
これにより、従来では検知できなかった晴天乱気流の監視が可能になり、航空機の安全性に寄与したことを評価いただきました。

平成27年度科学技術分野の文部科学大臣表彰については、こちら(※外部サイトへリンクします)をご参照ください。

ページTOP