リサイクル炭素繊維リユース技術の開発」が先端材料技術協会の「製品・技術賞」を受賞 | CFRPリサイクル技術 | JAXA航空技術部門
スマートフォンサイトを表示

宇宙航空研究開発機構

CFRPリサイクル技術

トピックス一覧へ

2015年9月18日

リサイクル炭素繊維リユース技術の開発」が先端材料技術協会の「製品・技術賞」を受賞

リサイクルCFRP技術で製作された実物大ウィングレットの模型

2015年7月、JAXA航空技術部門が研究している「リサイクル炭素繊維リユース技術の開発」の業績が、極めて顕著であると認められ、先進材料技術協会(SAMPE)から「製品・技術賞」の表彰を受けました。
軽量かつ強度の高いCFRP(炭素繊維強化プラスチック)の航空機用部材への利用が年々増加する中、将来必要となるであろうCFRPのリサイクル技術はいまだ確立されておらず、世界的に注目されている技術です。JAXAでは、開発したリサイクル技術を用いて航空機用の高品質なCFRPをリサイクルし、実物大のウィングレット形状の模型を製作しました。試作品によって、リサイクルしたCFRPで複雑な構造を製作できることが確認できています。引き続き実用化に向けて、CFRPリサイクル技 術の研究開発に取り組んでいきます。

ページTOP