スマートフォンサイトを表示

宇宙航空研究開発機構

耐高速衝撃性複合材料

近年、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)の航空機構造への適用は急速に拡大しており、ターボファンエンジンのファンブレードなど鳥衝突などの高速衝突が主要な設計基準となる部材への適用が、世界中で競争になっています。
JAXAでは、これまで研究してきた「縫合CFRP」は、高い柔軟体衝突耐性が確認されており、さらにそれを発展させ、縫合CFRPに発生する損傷を予測できる数値解析技術を開発し、設計ツールとして使用可能にします。
これにより、日本初の独自な技術として縫合CFRP積層板を用いたターボファンエンジンのファンブレード、あるいは航空機主翼前縁構造などを開発し、国際市場に対する国産技術の優位性を得ることを目指します。

縫合CFRPの断面写真
(面外方向に縫合されており、CFRPの靭性を向上することができる)

ページTOP